現在のゲームでカクカクはマズいっしょ

キャラチップは24枚くらいのアニメーションで表示したいな~。

せめて12枚は欲しい! 標準仕様の3枚とか4枚ではカクカクしちゃうんだよね。12枚あれば、これを0.5~0.8秒程度で1巡させることで、まあ比較的許せるレベルのアニメーションになると思う。

キャラクターの歩行アニメなら自在な動きさえ出来ていればまあギリギリ許せなくもないけど(そのための「ねこジャンプ」である)、マップ上の固定的に置かれているアニメーション素材は、カクカクではヤバいっしょ。制作中に何度も眺めることになるのだけれど、眺めていると悲しくなってくるの。VXAceにはそんな素材が沢山ある。なおMVも事情は似たようなものである。Dante98 II の頃ならまだしも、現在のゲームでカクカクはマズいっしょ。

ネトゲなら10年以上前から綺麗なぬるぬるアニメーションを表現できているからなぁ。ツクールの世界が一般的なゲームの表現の水準から大きく下回り、取り残されすぎているのは何とかしておきたいところ。ネトゲを超えることは無理でも、足下くらいには追いついておかないとゲーマーは誰もプレイしないなこれは。ツクールゲームの制作者しかプレイしないゲームにするつもりは無いぞ。

ていうか本気勢(本気で制作していた先輩達)は Dante98 II でサイドビューバトルのアニメーションの演出を作っていたからなぁ。Dante98 II はスクリプト無いんだよ~? 魔改造ってレベルじゃねーぞ。時は経過し、VXAce になってサイドビューバトルもフルカラーで見た目は綺麗になったけれど、演出の巧みさでは一歩下がる気がしてならないのね。

いま制作中のゲームの、真のライバルは Dante98 II の頃の作品群。(これは本当)

……それはともかく。

半ば本気で取り組んでおります。PCのスペックはもう割り切って要求してしまえば良いし、素材は用意できそうなので、RGSS3さえ何とかしたら行ける気がする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です