MVのゲーム画面の解像度

ゲームエンジンを VX Ace から MV に変更するとなると、よく考えたらレイアウトは全部作り直しである。むぅ。

レイアウト決めには100時間くらい使っていたと思うのだが……やむを得ない。100時間は消し飛んだ! はい今消し飛んだよ!

解像度は VX Ace版は 640×480 だったが、MV版は 960×600 に決まった。

VX Ace の解像度は 640×480 コレ一択で迷う余地はないと思うけれど、MVは比較的自由に決められるので実は、一週間ほど迷っていた。デフォルトの816×624という変態解像度は止めるとしても、ではいくつにするのかという問題はあるのだ。

 

過去の資産を生かす方策として考えられるのが 640×480 にするという作戦だ。まあ1分くらい考えて没にしたが。さもありなん。MVの数少ないメリットを消してどーする。つまり解像度を下げるというのは無しだ!

 

次に 1920×1080 というのを考えてみた。魅力的な提案だが、最終的にこれは選ばなかった。制作しているのがビジュアルノベルだったら選んでいたかもしれないが、2DのRPGを制作するとなるとマップをどうするのかで困り果てることになる。解像度を上げすぎるのも考え物だ。作り直しってレベルじゃ無くなってくる。

 

次に 800×600、1024×768、1280×960 辺りを検討してみた。特に 1024×768 は、わりとよく使われるPCゲームの解像度だ。解像度も許容範囲内である。昨年から VX Ace の高解像度版というのも実験的に用意していて、1024×768 の検証を重ねていた。しかし、ディスプレイサイズ一杯まで拡大したときに、左右に黒帯が付くのは、分かっていたこととはいえ毎回どうしても気になっていた。

 

横長のゲーム画面はツクール作品に合わないよという、謎の言葉を気にしながらも、最終的に横長のゲーム画面がベストであると気付く。そもそも、いま作っている作品は私の最新作であり、制作の集大成でもあるのだ。黒帯はなしにしよう。……となると、考えるのは 16:9 にするか、16:10 にするか、3:2 にするか、である。

今回は一週間ほど迷った末に 16:10(960×600)とした。

960×544(PSVitaの解像度)を少しだけ意識しつつ、しかし縦544は縦480に近く、解像度がそれほど上がっていないので、縦600まで引き上げた。

 

縦624(縦だけデフォルトと同じ)、または縦640(3:2)とする案も最後まで残っていたが、そうすると黒帯がどうしても付いてしまうし、その分だけ、一般的な解像度のディスプレイにおいて画面は狭く見える。16:10は比較的普及しているディスプレイの解像度比率なので、対応できるゲーマーも多いはずだ。もちろん16:9のディスプレイにも対応できるし、16:9での黒帯もそれほど目立たないだろう。

元の解像度 640×480 に対して、幅1.5倍、高さ1.25倍と、キリの良い数字になっていることもポイントだ。タイルセットは 1.5 倍に拡大させるので、この1.5倍という幅は都合が良い(見える範囲が同じなのだ)。

 

理由や経緯を説明し始めると文字がいくらあっても足りないのだが、960×600 の解像度とすることのメリットが伝わっただろうか。これから MV で制作を開始する人にも、どのようなジャンルであれ解像度の変更をお勧めしたい。私の目の前のディスプレイで最も綺麗に見えて、かつ、作ることができる範囲の現実的な解像度である。私がそのゲームをプレイしたいからお勧めをしている。

実際、PC用のRPGはTVに映してプレイするから尚更である。私も制作の段階からTVでのチェックを重点的に行っている。TVの解像度アスペクト比は16:9でほぼほぼ確定みたいなものなので、コレ以外の選択肢は最初から無いぞ。4:3のTVを探してきてプレイしろってのは流石に無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です